お知らせ情報 

お知らせ

会社・法人の役員の登記に関する改正

平成27年2月27日から、

役員の登記(取締役・監査役等の就任、代表取締役等の辞任)の申請をする場合

添付書面が変わりました。

① ・株式会社の設立の登記

  ・取締役、監査役または執行役の就任(再任は除く)による変更登記

  上記場合に取締役等の「本人確認証明書」が必要。

  (印鑑証明書を添付する場合を除く)

 *「本人確認証明書」とは・・・・住民票写し 又は 戸籍の附票 又は

                    住基カードのコピー 又は 運転免許証等のコピー

          (下線のものは裏面もコピーのうえ、「原本と相違ない」と本人が記載して記名押印)

② ・代表取締役の辞任の登記

   ・代表執行役の辞任の登記

  ・取締役(代表取締役である)の辞任の登記

  ・執行役(代表執行役である)の辞任の登記

  (印鑑を届出している方のみ)

 上記場合に辞任届には登記所届出印を押印 又は 個人の実印を押印して印鑑証明書添付が必要。

①②とも株式会社、一般社団法人、一般財団法人、投資法人、特定目的会社が対象です。

 

また、平成27年2月27日から、

役員(取締役、監査役、執行役、会計参与、会計監査人)、清算人の氏名に婚姻前の氏も登記記録することができるようになりました。